gdgd研究ノート

主にMacのソフト・ハードや、初心者レベルでCG全般について、あれこれw

【C4D】クロスシミュレーションで髪の毛を表現してみるテスト

 しばらく、マーベラスデザイナーの体験版を試用していたけど、久々に、CINEMA 4D R19 Studio に戻って、クロスシミュレーションで髪の毛を表現するテストをしてみた(^。^)

 

 目標としては、レ*ブロックみたいな、塊ではなくって、大和撫子的な、サラサラヘアー(^.^)

 

 まぁ、クロスシミュレーションを使うので、CINEMA 4D の場合、最上位グレードである、Studioでないとダメだけど、考え方は、Blenderなど、物理演算を扱える、ほかの3DCGソフトでも出来ると思ふ。

 

 とりあえず、胴体と言うか、体のモデリング方法については、ざっくり割愛w

 

 まず、髪の毛の元となるポリゴンを作成するため、ここではプリテミティブのディスクオブジェクトを作って、頭のてっぺんに配置。

f:id:akira2026:20180421155623p:plain

 普通に平面ポリゴンを使わず、ディスクオブジェクトを使って短冊にする理由は、平面ポリゴンを大量に、個別に、円周に配置するのが面倒だと思ったから…w

 

 そんな訳で、外周をループ選択などで選択して、エッジを押し出して、頭頂部でくっついた短冊状にしたあと、個別に髪の長さを調整。

f:id:akira2026:20180421155742p:plain

 

 お次に、CINEMA 4D 限定で、さらに、Broadcast か Studio 限定だけど、MoGraph のクローナーオブジェクトを使って、髪の毛を盛ってみたw

f:id:akira2026:20180421160550p:plain

 

 上の画像では、クローナーの複製数を5くらいにして、Y軸方向に0.5mm程度ずらし、且つ、回転を軽く加えた感じ。

 

 で、撮ったと思っていたスクリーンショットがなく、ここから途中の過程が飛ぶんだけどw、

アニメーションした結果が、次の通り。

f:id:akira2026:20180421160845g:plain

 

 なんとなく、いい感じに(^。^)

 

 

 …と思ったのも束の間w、問題が発生していて、なぜか後頭部がスカスカに…www

f:id:akira2026:20180421161113p:plain

(頭のてっぺんにある黄色の天使の輪は、クロス拘束タグを使った固定範囲。)

 

 あ、先にも書いたけど、途中、ディスクオブジェクトの「回転方向の分割数」を増やしたり、クローナーオブジェクトの複製数を増やしたりなど、画像と画像の間で、色々修正を加えてるよ、念のためw

 

 

 ちなみに上の静止画を、GIFアニメにしたのが、下の画像。

f:id:akira2026:20180421161252g:plain

 

 

 確かに、今回のテストでは、サラサラヘアーは表現出来たけど、衝突判定を用いる都合上、アニメーションさせないといけないのは仕方ないとして、設定などの問題か、衝突判定がちょっと雑だったり、後頭部あたりのポリゴンがまとまりすぎて、地肌が見えたりと、問題が色々あるので、さらなるテストが必要かなと…。

 

 

 ところで、CINEMA 4D Studio を使ってるのなら、ヘアが使えるのでは?という意見があると思ふ。

 

 実際、私も以前に、少し使ってみたよ。 

f:id:akira2026:20180421163257p:plain

 

 ただ、ヘアはヘアで問題があって、レンダリングしないと髪型がはっきり分からないこと、リアルな分、設定項目が細かくて難解なこと、そして、これは私自身のスキル不足もあると思うけど、思い通りのカットが出来ず、上の画像みたいに、美容師見習いがカットに失敗した、みたいな髪型に…w

 

 あと、こちらは画像を残してないけど、実は、マーベラスデザイナーでも、服を髪に代用できないかと思って、試したよ。 結果としては失敗で、固定位置の制御などが難しく、また、一部を縫い合わせた際に、縫い合わせた部分のサイズが変だったのか、エッジが立って、かなり不自然な状態に…w

 

 そこで思いついたのが、今回の、ディスクオブジェクトからの派生で、ポリゴンを短冊状に配置して、MoGraphで髪を盛ると言うアイデアなんだけど、なかなかに思い通りにはいかないね…w まぁ、今までのテストの中では、一番いい雰囲気ではあったけど。

 

 とりあえず、テストは継続ということで、今回はここまで〜。

 

【MD】今週の成果(^。^)

 今週の、Marvelous Designer 7 (マーベラスデザイナー7)体験版での成果…(^。^)

f:id:akira2026:20180409000218p:plain

アバターは、ソフト標準機能のモデルさんに、これまた標準機能の髪型を適用)

 

  公式サイト上の動画や、YouTubeの公式チャンネルなどを見たあとに、実際に試したりして、なんとか上の画像みたいな感じに…(^_^;)

 

youtu.be

 

 とりあえず、フレア・スカートみたいなのを目指していたけど、それっぽいのが出来て、ひと安心(^.^)

 

 もっとも、ポリゴンで書き出して、3DCGソフトで取り込んだあとの、CINEMA 4Dで言えば、ポリゴンリダクションや、クロスシミュレーションなどがうまく出来ず、アニメーション化には失敗してるんだけどね…w

 

 あと、テクスチャと言うか、生地の色も少し触ってみたけど、ギラギラしてるのは、直せなかったよ。多分、設定項目があると思うけど…。

 

 ただ、マーベラスデザイナー自体は、覚える操作は少ない感じで、あとは場数を踏んで、効率よく、サイズもビシッと決めるように服のデザインができれば、あとは何とかなりそう…かなぁ…w

 

 ちなみに、生地のサイズが短ければ、体のラインにぴったり沿った…というより、サイズがワンランク小さいような服になるし、生地のサイズが大きければ、逆にダボダボになって、場合によっては、シミュレーション時にスカートが地面に落ちたりなど、ある程度、モデルと生地のサイズに、気を遣わなければいけないって事は分かったよw

 

 では、今回はここまで〜。

 

スマートスピーカーでNHKラジオが聴けなくなった件

 私は、Google Home Mini や JBL LINK10 といった、スマートスピーカーAIスピーカー)で、radikoを使ってNHKラジオを聞いていたけど、ある日突然、「お住いの地域では視聴できません」とか言われて、聞けなくなってしまった。

 

 お?と思って、radikoの公式サイトを見たら、ラジオ局の一覧から、NHKラジオ第一NHK FMが消えていた…(^_^;)

 

radiko.jp

 

 更に、色々調べて行き着いたのが、NHKのお知らせページ。

www.nhk.or.jp

 

 3月22日に、「平成30年度「radiko」での実験的な配信について」というPDFファイルが公開されていて、読んだところ、実はradikoへの配信は、実験的な配信だったそうで、平成29年度は、平成30年(西暦2018年)3月30日までだったそうな…。あらら、どうりで…。

 

 ちなみに、平成30年度も引き続き実験を行うそうだけど、平成30年(西暦2018年)4月12日(木)正午から、翌年平成31年3月末までとのことなので、つまり、今年度は4月12日以降でないと、radikoNHKラジオが聞けないそうなので、スマートスピーカーを使ってNHKラジオを聞くのは、しばらくお預け…。

 

 あ、ちなみに、音声操作は出来ないけど、らじる★らじるを使って、スマートフォンやパソコンを使えば、今まで通りNHKラジオを聞けるし、当然、普通のラジオ受信機なら大丈夫なので…(^_^)

 

 また、NHKラジオではなく、民放系ラジオ局であれば、これまで通り、スマートスピーカーでラジコを使って、音声操作しながら聞くことが出来るので、ご参考までに…(^_^)

 

 では〜。

 

【MD】MARVELOUS DESIGNER 7 試用中♪

 いきなりだけどw、もうちょっとお手軽に、自由に服のモデリングがしたいと思い、ただいま、衣装作成で実績のある(と思われるw)、MARVELOUS DESIGNER 7(マーベラスデザイナー 7)を試用中♪

f:id:akira2026:20180401141201p:plain

 上のモデルというか、マーベラスデザイナーで言うところのアバターは、前々から色んなテストで使ってる自作品で、形状がアレだけど、スルーしてもらえればw

(いつか直したい…w)

 

 で、モデル自体は、CINEMA4Dで作って、OBJ形式で書き出し後、マーベラスデザイナーに取り込んで、簡単に服を作ってみた感じ。(インポート・エクスポート等の詳細は割愛)

 

 未だ、公式チュートリアルと格闘中で、基本操作もおぼつかないため、複雑な形状はまだまだ無理だけど、慣れれば強いツールになるかなと思ふ。

 

 難点はあとで書くとしてw、ざっくり服を作成後、今度は、マーベラスデザイナーからCINEMA4Dへ、OBJ形式でエクスポート・インポートをしてみた結果が、下の画像。

 

f:id:akira2026:20180331160825p:plain

  で、ポリゴンの状態はと言うと、

f:id:akira2026:20180331160856p:plain

 こんな感じ。

 

 ZBrushと同じく、極小ポリゴンの集まりで、服やモデルを再現するので、全体の形は綺麗だけど、内部的にはトポロジ?が乱れまくっていて、このままではすぐに使えないと思う。

 

 難点というか、欠点というか…だけど、米国製のソフトで、日本語でメニューは表示出来るものの…と思ったら、あ、開発元と言うか、会社所在地は韓国だった…w

(記事を書いてる途中で「contactus」のページを参照して、気付いた…w)

 

 ど〜りで、公式サイトなどで、英語だけでなく、英語圏にしては珍しく、韓国語、中文など、アジア圏のページがあるのに、日本語のページがないんだろう?と、疑問に思ってたのよ…w

 

www.marvelousdesigner.com

 

 …まぁいずれにしても、チュートリアルが英語しかなく、オンラインニュアルも英語・韓国語・中文だけで、日本語がないし、そのチュートリアルも、こっそりキーボードショートカットが使われてたり、コンテキストメニューが一瞬しか表示されないなど、日本語しか読み書きできない人の、独学での学習環境としては、かなりキツイ部類かなと。

 

 何度チュートリアル映像を巻き戻して見直したことか…w

 

 紙・電子問わず、入門書の類もないみたいだし…(^_^;)

 

 ソフト自体は、そこそこお手軽に良い感じなだけに、日本語のチュートリアルがないのが、ちょっと痛いかな。

 

 でも、現実の服飾技術や裁縫に寄った感じで、ポリゴンを意識せず、デザインに集中出来ると言うのは、なかなか良いと思う。足りないものは、私個人の英語スキルw

 

 

 最後に、気になるお値段だけど、個人向けライセンスなら、某国内オンラインショップで、永久ライセンスと言うか、買い切りライセンスなら7万円弱、1年ごとに契約更新のサブスクリプションで、年間4万2千円程度(月換算で3,500円程度)と、まぁ、衣装デザイン・シミュレーションに特化したソフトだからなのか、そんなに高くはないかなと。

 もっとも、企業向けライセンスになると、桁が1つ以上増えるけど…w

 

 ちなみに、公式サイトでは、恒久ライセンスが490ドル、サブスクリプションなら300ドルで販売してる。2018年3月31日時点の為替レートで言うと、490米ドルで約5万2千円程度、300米ドルなら3万1千円程度。

 

 日本語マニュアルがあるのなら、先の国内オンラインショップでも良いと思うけど、もしないのなら、公式サイトで買ったほうがお安いかと。

 

 あと、Marvelous Designer 7 For Steam と言って、Steam内で使えるものであれば、2018年3月31日時点で、約3万7千円で買えるようだけど、アップグレード不可、Windows版のみなので、Mac使いの方は、こっちの選択はない…w

 

 

 とりあえず、試用期間が30日なので、今回は慌てず色々試して、私のスキルと投資額に見合うなら、公式サイトで買おうかなと思ってる次第。

 

 では〜。

 

【C4D】スカートのモデリングとアニメーション、途中経過。

 CINEMA 4D R19 Studioで、スカートの表現に挑戦中。とりあえず、途中経過を報告(^.^)

 

f:id:akira2026:20180329002757g:plain

 

 スカートのモデリングについては、ちょっとゆったり感を表現するために思いついたのが、ロフトのジェネレータ。腰の部分に円形スプライン、裾の部分に花形スプラインを適用し、ロフトを右クリックして、「現在の状態をオブジェクト化」でポリゴン化した次第。

f:id:akira2026:20180329003102p:plain

 ロフトを利用する利点は、ずばり、モデリングの時間短縮w

 

 アニメーションの開始時点では、確かに形が固いんだけど、アニメーションさせたあとは、自然な感じになってると思ふ。まぁ、ちょっと衝突判定が変でもないけど…w

 

 あ、ちなみに「現在の状態をオブジェクト化」すると、蓋代わりのキャップも同時に作成されるけど、スカートには不要ってことで、問答無用で削除w

 

 あとは、CINEMA 4D Studioグレード限定だけど、クロスタグやクロス拘束タグなどを、ごにょごにょと適用して、拘束位置代わりのベルトを、腰のジョイントの階層に入れて、腰だけを上下に動かして、ジャンプしてるみたいなアニメーションをさせたのが、一番最初のGIF画像。

 

 おっと、ジョイントや簡単なIKは設定済みだよ、念のためw

 

 まぁ、ざっくりレベル、実験的な感じだけど、なんかいい感じに出来たと、個人的には思ってるw

 

 ご参考までに、オブジェクトマネージャの状態も公開。

f:id:akira2026:20180329004153p:plain

 

 まぁ、実験段階なので、ごちゃごちゃしてますw

 

 

 ちなみに、CINEMA4Dのグレードで、Studio以外なら、衝突デフォーマなどを使う手もあるけど、クロスシミュレーションほどうまく行かず、ポリゴンの範囲内で伸びるというか、四角い固定枠の中だけで伸びる感じで、ちょっと使えなかった次第。

 

 本日は、ここまで〜。

 

 

【C4D】キャラクタアニメーション基礎を再読中

 ちょっと原点に戻った感じで、MAXONJapanさんの公式サイトで、MSA契約者以外にも公開された、CINEMA4D のキャラクタアニメーション基礎を、改めて読み直してるとこ。

www.maxonjapan.jp


 私自身は、MSA(MAXON サービス契約)に加入しているので、特典として、既にこの資料には、目を通していたんだけど…今さら、R12当時のドキュメントを一般公開?と思わなくもないw

 

 確かに、考え方は今でも通用すると思うけど、HyperNURBSは、他の3DCGソフトと同様に、SDS(サブディビジョンサーフェイス)に名称変更してるし、アイコンも一部変わってるし、R12からR19までの間に、機能改善が入っているところがあると思うので、せめてPDFドキュメントだけでも、もうちょっとマメに更新して欲しかったなぁ〜と思ふ…。

(補足:LightWaveでは、SDSの事を、サブパッチって言うけどねw)

 

 まぁ、それは置いといて…w

 

 

 今は、サンプルファイルは使わず、前々からテストで使ってる、自作デフォルメキャラに、ジョイントを試行錯誤して付けてるとこ。

f:id:akira2026:20180326000132p:plain

モデリング品質については、わざと途中放棄してるので、深くツッコまないようにw)

 

 ちなみに、過去記事を見てもらえれば分かると思うけど、実は私、Cinema4D R19 Studio を使ってるので、キャラクタオブジェクトを使えば、歩行アニメーションまでは、比較的簡単に出来るようになった。

 

 ただ、逆に言うと、歩行アニメーション【だけ】なのとw、個々のタグやオブジェクトの、機能や特性がさっぱり分からなかったもので、基礎から学び直そうと思った次第…(^_^;)

 

 まぁ、mixamoを使う手もあるんだと思うけど、あれって、あらかじめ用意された動きしか出来ないと思ってるので…。あと、有料サービスがちょっとお高いかなと。

https://www.mixamo.com/

 

 

 それにしても、これまで、学校とかで3DCGソフトの使い方を学んだ訳ではなく、独学だからなぁ〜。ある意味、基礎が抜けてると言えなくもない…w

 

 

 あと、基礎のお話ついでだけどw、上のアニメーション基礎の他に、Cinema 4D スタートアップガイドが、R19準拠で新たに公開されてるよ。

www.maxonjapan.jp

 

 その他、Web以外だと、MAXON JAPANさんの公式ツイッターが、Webよりも頻繁に情報発信してるので、興味がある方は是非♪

 

twitter.com

 

 ちなみに、私もツイッターアカウントは持ってるけど、基本的に情報収拾のみ。理由は、このブログもそうだけど、コメントをもらっても、お返事を返す時間がないから…(^_^;)

 

 …とか言ってたら、この記事を書いてるだけで1時間経過…w 10分で済ます予定だったのに…(^_^;)

 

 では〜。

 

 

(2018-03-26 朝に、色々加筆修正w)

 

本日の小ネタw

 ディストームさんのLightWave2018の紹介ページ…。

f:id:akira2026:20180323230204p:plain

 

 バージョン合ってないんだけど、日本語版と英語版の差異なだけ?それとも…w

 

www.dstorm.co.jp

広告を非表示にする