gdgd研究ノート

主にMacのソフト・ハードや、初心者レベルでCG全般について、あれこれw

迷走中w

 えっと、暫くゲームばかりしてたせいか、どうも3DCGのお勉強について、やる気が起きないのでw、YouTubeで動画ばかり見てた(^_^;)

 

 で、ZBrushCore超入門講座で有名な?w、福井信明さんが、今度は無印ZBrush超入門講座の動画を公開されていたので、一気見してた次第(^.^)

 


無印!ZBrush超入門講座第1回 ブラシ設定やSculptrisProモード解説。

 

 一気見した感想としては、人や動物など、造形が難しいものに関しては、ポリゴンモデラーで、あ〜でもない、こ〜でもないと、細々作ってるよりも、無印ZBrushで、ZリメッシャーやZモデラーを駆使して、サクサク作った方が早いのでは?と思えたw

 

 実は、無印ZBrush2018も持ってるけど、Zモデラーの細かい使い方が分からず、なんか不便という評価をして、放置してたんだけど、福井さんの動画を見て、やっと使い方が理解できた。

 

 やっぱり、ネイティブの日本語で解説されているのが、一番助かるし、分かりやすい。

 

 何より、福井さんの場合、成功例だけではなく、注意点や失敗例なども細かく説明してくれるのが助かる。まぁ、説明がちょっとくどいと思わなくもないけど、他の3DCGチュートリアル動画だと、1回やって、はい終わり、ってのが多く、結局動画を何回も繰り返し再生する事態になっていたので、あれくらいの方が、ちょうど良いかも(^.^)

 

 

 あと、おまけと言ってはなんだけどw、無印ZBrush超入門講座を見たあとに、YouTubeにオススメされたBlenderの解説動画が面白かったので、こちらも紹介。

 


【第0回】ワニでもわかるゼロからのBlender

 

 なぜワニなのかは不明だし、彼女?は、哺乳類なのか爬虫類なのか?も不明だけどw、「何が分からないかも分からない」って言葉に共感。おおかたの3DCG初心者って、そうだと思うから。

 

 まぁ、例えの高田馬場や、下北沢ってのは、アマゾンの先住民でなくっても、首都圏在住経験のある方を除けば、さっぱり分からないと思うけどねw

 

 それにしても、無償でユーザーが多いと思われるBlenderの解説動画や、主に福井さんの解説動画で敷居が低くなったと思われるZBrushは、いいなぁ〜って思う。

 

 CINEMA4Dも、日本語でわかりやすく解説してくれる人、出てきてくんないかなぁ〜。導入事例とか言って、プロの自慢話はいらないからw 彼らは自分の成果などをアピールするだけで、初心者向けには、お腹の足しにもなんないから…www

 

 MAXON Japan さんの 公式Twitterは、緩くて好きだけどねw

 

 と、ちょっと愚痴ったところでw、今回はここまで〜。

 

【C4D】MSA更新について…。

 えっと、暫くPS4で、リブート版のトゥームレイダーを、2本ほど立て続けに遊び、やっと2本とも本編をクリアしたので、久々のブログ更新…w

 

 ちなみに、トゥームレイダーの感想をざっくり書くと、道中はどっちも良かったけど、洋ゲーのせいか、結末があっさりしているというか、結局謎の正体は深く語られないまま、うやむやに…みたいな?w

 

 まぁ、全体的には良かったから、今年(2018年)9月発売予定の、シャドウ オブ ザ トゥームレイダーも買うけどね…w

 

 と、はい、本題に入りますw

 

 

 そろそろ、CINEMA 4D の MSA(MAXONサービス契約)更新時期が近付いてきているので、1年更新しようかと、オンラインショップを見たけど…、Studio版で1年間、税込86,400円に値上げされてるという…。12ヶ月で割ると、1ヶ月換算7,200円。

 

 まぁ、Mayaや3DS Maxの月換算2万円超を考えると、十分に安いけど、CINEMA 4D Studio を持ってしても、流体シミュレーションなどが基本出来ず、Blenderなら資金支援するしないは別にして、基本無償で出来る話なので、ちょっと悩みどころ(^_^;)

 

 個人的には、まだモデリングやアニメーションで手間取ってる状態なので、流体シミュレーションや、クロスシミュレーションに関しては、 Blender に逃げたり、一応アップグレードした LightWave2018 を使う手もある訳で、無理して8万円超出さなくてもいいかなぁ〜と…。

 

 ただ、そうなると、今度は、去年無理してBroadcastからStudioにグレードアップしたのに、アップグレード費用の20万円ちょいが無駄になることに…(^_^;)

 

 はぁ〜、CINEMA 4D Studio 、もっと安くならないかなぁ…w あの程度の機能追加?と言っちゃあれだけど、Broadcast の倍もするお値段の価値が、個人的に見出せない…w

 

 普通の人なら、CINEMA 4D Studio よりも機能が多くて、しかも無償の Blender に、みんな走るよ…とw 右クリックで選択って事にまず慣れれば、何とかなるし…。

 

 あ、そ〜言えば、MODO も、サブスクリプション契約期限過ぎたよ〜ってメールが来てたけど、Mac版のせいかどうか知らないけど、強制終了ですぐ落ちるし、個人的に作業平面やらセンターやら何やらが、思考の邪魔すぎて使い辛かったので、見切りを付けてスルーしたよw

  

 そんなこんなで、CINEMA 4D Studio の MSA契約更新まで、あまり時間はないけど、少し落ち着いて検討しようかと言う状態。

 

 では〜。

 

【GAME】とうとうPS4まで…w

 Mac版の「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」にハマってから、3DCGというか、CINEMA 4D のお勉強は中断して、久々に、ゲームばかりしてるw こんなにゲーム優先って、何年振りだろ〜?

akira2026.hatenablog.jp

 

 で、紆余曲折あって、とうとうPS4を買った次第w

 

 まぁ、下手にゲーミングノートPCを買って苦労するくらいなら、PS4を買ったほうが、面倒が少ないと思ったのが、大きな理由。実際そうだったけどw

 

(ちなみに家庭の事情で、デスクトップPCはもう置けないw)

 

 ただ、最初は、HDMI分配器の影響か、それとも延長コードの影響か、テレビ画面が度々ブラックアウトするというか、HDMI分配器の選択が勝手に変わる事象に見舞われたけど、とりあえず、分配器に接続した延長コードからの接続をやめ、直接分配器にHDMIケーブルを繋げ、PS4の設定で、HDMIの機器制御をOFFにすることで、今は安定してる次第(^_^)

 

 で、調子に乗ってw試しに、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016) で、PS4 リモートプレイも試したよ(^.^)

f:id:akira2026:20180520223640p:plain

 

 無線で画面を飛ばしてるのと、解像度を落とさざるを得ないので、テレビで見るより多少画質が落ちるけど、まぁ、片方USB-B、もう片方がUSB-Cのケーブルを使うことで、MacBookでも普通に操作出来た。若干遅延はあるけどw

 

 ただ、ドラクエ10などのオンラインゲームでチャットを使う場合、一応、MacBookのキーボードは使えるんだけど、ひと手間入ると言うか、PS4側の文字入力画面が出た上で更にキーボード操作と、PCやMacで例えるなら、メモ帳やテキストエディタを起動して、文字を入力して、それをPS4のリモート画面にコピーするイメージと言う、けっこう面倒くさい仕様のため、リアルタイムのチャットはおろか、ログインすら出来なくて、すぐに断念w

 

 そ〜言えば、ドラクエ10も買ってPS4にインストールしたけど、例えばWii Uでは、普通にゲーム内でログイン出来たけど、PS4はなぜか、ブラウザが起動して、ブラウザ内でパスワードなどを入力して、ログインが完了したら、またゲーム側に戻ると言う、謎仕様…。このせいで、こちらもキーボード入力が少し面倒。

 

 まぁ、いずれにしても、MacBookにUSBケーブルを繋ぐと、給電は出来ないし、無線LANで接続してるので、バッテリーの減りが普段より半端ないしw、何よりも、目の前にテレビが空いてるのに、わざわざMacBookでゲームするメリットは、あんまりないかもw

 

 極めつけは、私は、外ではゲームは一切しないので、PS4リモートプレイの恩恵はホントないんだけどねwww

 

 あと、PS4って、やっぱり消費電力を喰ってるだけあって、負荷が掛かったり、三方が囲まれたテレビ台に入れたりすると、ファンの音がうるさいよ…(-_-;)

 

 何はともあれ、CINEMA 4D での実験は、平日にしよっと…w では。

 

 

【C4D】ビューポートの操作について

 以前から思ってたことがあって、今回は、CINEMA 4D の基本操作と言うか、ビューポートの操作について、ちょっとおさらい。

 

 まず、画面の動きを分かりやすくするため、起動直後の画面から、立方体オブジェクトを選択。 ちなみに、立方体であれば、アイコンをクリックするだけ。

f:id:akira2026:20180513160305p:plain

 

 ビューポートと言うか、画面の動かし方だけど、最初のうちは、ビューポート右上にあるアイコンを、マウスボタンを押しながら操作する方が分かりやすいかな?

f:id:akira2026:20180513160622p:plain

 アイコンの説明をすると、左から、ビューポートの平行移動と、拡大・縮小に、回転、そして一番右が、ビューポートの切り替え。

 

 ちなみに、キーボードショートカットで言うと、

数字キーの1:平行移動(上下左右の移動)

数字キーの2:画面内のズーム(拡大・縮小)

数字キーの3:画面内の回転

 

 あ、数字キーは押しっぱなしで、ビューポート内をマウスで操作ね。

(2018-07-01 補足:動き出したら数字キーは離して可。)

 

 なお、他の3DCGソフト…例えば、MODOLightWaveだと、Altキーを押しながらCtrlキーやShiftキーを併用して、同様の動きになるけど、CINEMA 4Dについては、基本、数字キー。

 

 ノートパソコンで CINEMA 4D を使おうとしている人にとっては、なんでそんな奥側のキーなの?と思うかもしれないし、実際、私もそう思ったんだけど、実はこれ、テンキー付きのキーボードだと、理にかなってたりする。

 

 更に、テンキーだと、ビューポートの操作ができる状態で、数字の0キーを1回押すと、長方形選択が起動し、数字の9キーを1回押すと、ライブ選択が起動するようになっているので、立方体だけでなく、今後、頂点(ポイント)や辺(エッジ)、そして、面(ポリゴン)の編集とかを行う際に、役に立ってくると思う。

 

 まぁ、長方形選択やライブ選択については、今後、この記事へのアクセスが多いと思ったら、需要があると判断して、改めて記事にしようと思うw

 

 

 あと、ビューポートの切り替えで、画面が4分割したり、上面図になったりすると思うけど、起動直後の画面に戻したい場合は、透視図側の切り替えボタンをクリック。

f:id:akira2026:20180513163145p:plain

 もしくは、キーボードショートカットで、F1キーをクリックすると、透視図に戻るよ。

 

 ご参考までに、ビューポートの切り替えに使う、キーボードショートカットは、次の通り。

F1キー:透視図

F2キー:上面図

F3キー:右面図

F4キー:前面図

F5キー:四面図

 

 それでもダメなら、慣れないうちは、大人しく、CINEMA 4D の再起動を…w

 

 なお、状況が複雑化する可能性もあるなどの理由で、今回、深くは語らないけど、次の設定もあるので、ご参考までに。

f:id:akira2026:20180513162629p:plain

 

 最後に、キーボードショートカットについて。

 

 もし、キーボードショートカットを変えたいと言う猛者の方はw、プルダウンメニューの「ウィンドウ」>「カスタマイズ」>「コマンドをカスタマイズ」を選択。

f:id:akira2026:20180513164707p:plain

 

 すると、「コマンドをカスタマイズ...」というウィンドウが開く次第。

f:id:akira2026:20180513164826p:plain

 あと、おまけで、CINEMA 4D のオンラインドキュメントに、キーボードショートカットの一覧があるので、ご参考までに。

https://help.maxon.net/jp/#45220

 

 

 ただ、個人的には、キーボードショートカットは、よほどの事がない限り、変更しない方が良いと思う。特に初心者の方々。

 

 というのも、現場や環境が変わったりして、本来の使い方を知らないと、かえって効率が下がるし、原因究明や学習コストなど、余計な時間と労力を割くことにもなるので。(現場の指示として押し付けられている場合は除くw)

 

 

 

 まぁ、ショートカットの変更等について、色々書きたい事はあれど、長くなるので割愛…w

 

 ひとつだけ書くと、マイク*ソフト〜! Excelのキーボードショートカットを、ころころ変えるな〜!…と、だけ言いたい…w

 

 

 と、オチがついたところで、今回はここまで〜。

 

 

【GAME】Rise of the Tomb Raider

 今回は、珍しくゲームのお話(^。^)

 

 今は、週末メインで、iMacのBootCampを使って、Windowsドラクエ10を遊んでるけど、今回、たまたまMac App Storeで「Rise of the Tomb Raider」と、日本では「トゥームレイダー」って言い方の方が有名?なゲームを見かけ、グラフィックも綺麗そうだし、値段も3,600円とリーズナブルだったので、思い切ってポチったよ(^。^)

 

Rise of the Tomb Raider™

Rise of the Tomb Raider™

  • Feral Interactive Ltd
  • ゲーム
  • ¥3,600

 

 気になったのが、日本語化と、ゲームコントローラゲームパッド)だったけど…ちゃんと日本語吹き替えもあり、そして何と!別途ドライバーソフトなしで、USB有線接続してる、Microsoft Xbox One コントローラが認識されてる〜(^。^)

f:id:akira2026:20180503162257p:plain

 これ、Windows版をエミュレータで動かそうとした、なんちゃってMacFF14とは違うよ、本当にMac上でネイティブに動いてるから(^。^)

 

 iMacに繋いでるXbox One コントローラのランプが光ってるのに気付いた時には、本当に感動したというか、安心したというか…w

 

 あ、ちなみに、私がドラクエ10で使ってるコントローラーが、こっち↓ 

Xbox One ワイヤレスコントローラー (ホワイト)

Xbox One ワイヤレスコントローラー (ホワイト)

 

 

 一時期は、エレ*ムのゲームパッドなどを使ってた事があるけど、1ヶ月程度でボタンが壊れたのが数回続いた結果、頭に来てw、Xbox One ワイヤレスコントローラを買ったんだけど、もう2年くらい使ってると思うけど、全然壊れないし、操作性も良好♪

 

 ゲームパッドによっては、十字キーがフニャフニャだったりするけど、こっちは適度なクリック感があって、ドラクエ10のコマンド選択で重宝するのよね〜(^。^)

 

 本当は、Bluetooth接続で無線接続も出来るんだけど、BootCamp+Windowsドラクエ10を遊んでた時、時々接続が解除されてしまう事象があり、オンラインゲーム中にフレさん(フレンド)に迷惑をかける訳にもいかなかったので、今はUSBケーブルで有線接続してる次第。

 

 と、コントローラーの話に脱線したところでw、「Rise of the Tomb Raider」の話に戻るけど、うちのMacは、iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017) で、グラフィックスボードが Radeon Pro 570 4GB、なんだけど、解像度はデフォルトの1,600×900 (16:9) 、フルスクリーンで、オプションのベンチマークを実行したところ、総合スコアは60fpsを若干下回ったかんじ。

f:id:akira2026:20180503163746p:plain

 

 画質については、私は最近のゲームでは、ドラクエ10以外は知らないけど、テクスチャがリアルなおかげか、髪の毛などのポリゴンが若干カクカクしてると感じる以外は、特に気にならなかった。

 

 でも、何よりも、Macで、しかも日本語で、普段使ってるWindows用のゲームコントローラーで遊べるってのが、何より嬉しい〜(^。^)

 

 ゲーム本編も、アメリカ映画的な派手なアクションシーンが満載で、トライ&エラーを繰り返す事で前に進むゲームだけど、ムービーとアクションが自然に繋がってて、没入感が半端なかったよ(^。^)

 

f:id:akira2026:20180503165035p:plain

 

 もしかしたら、ゲーム本編よりも、コントローラーの方が高くつくかもしれないけどw、たまにはMacでもアクションゲームしたい〜って方、いかが?(^。^)

 

 あ、最後にw、MacWindows用のコントローラを使う際は、一応、公式サイトを確認するのと(私は該当ページを見つけられなかったけどw)、あくまでも自己責任ってことで…(^_^;)

 

 では〜。

 

 

【2018-05-03 22時 追記】

 試しに、手持ちの MacBookPro 15インチ (2016, 2.6GHz Intel Core i7 16GB, Intel HD Graphics 530 1536MB, AMD Radeon Pro 460 4096MB) でも遊んでみたけど、デフォルト設定で総合スコア30FPS弱。

f:id:akira2026:20180503222743p:plain

 ちなみに、デフォルト設定の1,280×800 (16:10) より解像度を上げると、常にカクカク状態…w まぁ、デフォルト設定でも、タッチバーの上部が熱くなって、ちょっとヤバかったけどw

 

 あと、ゲームパッドは、前に使ってた、旧Xbox One コントローラーだけど、多分、Bluetooth非対応版で、こちらもUSBケーブルの有線接続で、問題なく遊べたので、一応ご報告。

 

 そんな訳で、MacでRise of the Tomb Raiderを遊ぶ場合は、なるべく最新版のMacで、GPUもなるべく上位版が吉かと。そうでない場合は、極力負荷を減らす設定で。

 

 あと、このゲームって、あとで調べたら、他機種では2015年に発売されたっぽいけど、服の質感とかが良くって、良い意味で画質がヤバイなぁ〜w

f:id:akira2026:20180503223818p:plain

 

 私は、ここまでのリアリティを求めて3DCGの勉強をしている訳ではないけど、参考になった(^。^)

 

【C4D】クロスシミュレーションの実験

 本日は、軽めの記事…w

 

 髪の毛の表現で、色々ググってた時に、ふと、CINEMA 4D のクロスシミュレーションで、頂点マップを使ってウェイト0の部分を設定し、他のポリゴンオブジェクトに拘束されずに、ポリゴンを部分的に固定できないかな?と、思い立って実験してみたんだけど…。

f:id:akira2026:20180502230218p:plain

 

f:id:akira2026:20180502230317g:plain

 

 布の質量分布と言うか、重さがが若干偏っただけで、部分的な固定は出来なかった…w

 

 そんな訳で、サラサラヘアーの表現では、素直にヘアを使った方が楽かな?と思った、今日このごろ…w

 

 なお、ヘアは、髪の毛自体の表現はできても、他のポリゴンオブジェクトを生やして、髪の代わりに…ってのができなさそう。ファーはダイナミクスやフォースが効かないみたいだし…。う〜ん、ごにょごにょ。

 

 では。

 

 

【C4D】髪の毛のモデリングテスト継続中

 今年の大型連休前半は、ひたすら CINEMA 4D R19 のお勉強…w

 

 以前より、効率よく髪の表現が出来ないかなぁ〜って、色々テストしているけど、いまのところ、これ!といった良い方法に辿り着いてない…w

 

 とりあえず、本日の成果はと言うと…。

f:id:akira2026:20180430155722p:plain

 こんな感じ。

 

 

 制作過程のお話に入るけど、スイープオブジェクトで髪の房になる断面を作り、パススプラインで流れを作り、属性マネージャのオブジェクトタブ内にある「詳細」の「スケール」にあるグラフを編集して、髪の毛の根元は細く、途中は太く、毛先にかけてまた細く…と、大きさを調整してみた次第。

f:id:akira2026:20180430160503p:plain

 ある意味、色々調べた中で、今回一番の成果というか、知ることが出来て良かった部分(^。^)

 ちなみに、ポイントを増やす時は、Macではcontrol+クリックね。

 

 なお、スイープオブジェクトは、色々お作法があったり、軸の方向が違ったりすると、想定外の形状になるのでw、私もまだ仕様がよく分かってないけど、色々練習して覚えるしかなさそう。

 

 リンクは貼らないけど、詳しくは、オンラインヘルプを見てくださいまし。

 

 で、話を戻して、髪をひと房作成したら、クローナーを使って手抜きで複製…w

f:id:akira2026:20180430161721p:plain

 

 なお、クローナーの「放射」を使う場合は、クローン対象オブジェクトのオブジェクト軸の位置や角度を考慮しないと、これまた、とんでも無いところに飛んでいくので…と、経験者は語る…w

 

f:id:akira2026:20180430162329p:plain

 あと、「軸を有効」にして、オブジェクトの軸を変更にしたら、元の状態に戻すのを忘れないこと。ちなみに私はよく忘れて、アンドゥばかりしてる…w

 

 ところで、今回の制作では、前髪とそれ以外の髪で、それぞれクローナーを分けてるよ。

 

 なお、髪のテストではお約束というか何と言うか、今回も後頭部がスカスカに…(^_^;)

 

 

 とまぁ、今回は、MoGraphのクローナーオブジェクトを使う都合上、Broadcast グレード以上でないと出来ない方法だけど、ただ、その場限りの手抜き技なので、綺麗に仕上げようと思ったら、MoGraphは使わず、個別に髪の房を複製して、手作業で調整したほうが良いかなと。

 

 あと、今回は、スイープオブジェクトとSDSを使ったので、仮にオブジェクト化して、ソフトボディなどを適用しようと思ったら最後、処理が重くて動かなくなるから…w

 

 最後に、今回の手法は、MoGraphの部分を除き、Blenderではよく使われている手法らしく、ブログやYouTubeの動画をいっぱい見かけたよ…(^_^;)

 

 

 では。