読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gdgd研究ノート

試運転中

【Blender2.78】ピボットポイントの移動について

 先日の記事で、キーボードの位置がうまく設定できない話をしたけど(多分w)、その後色々調べたら、やっぱり3Dカーソルと、ピボットポイントの使い方が重要と言うことを知り、私なりにまとめてみたので、備忘録を兼ねて残しておく…w

 

 …あ、先にど〜ゆ〜事をするかと言うと、今回は、立方体の中心ではなく、角っこの頂点を基準にして、移動を行ってみる。

 

 では、何はともあれ、Blenderの起動…w

f:id:akira2026:20161112114110p:plain

 

 次に、キーボードショートカット・tabキーを押して、編集モードに変更し、同じくショートカット・control+tabキーを押して、「メッシュ選択モード」を「頂点」に設定。

 

f:id:akira2026:20161112114122p:plain

  あ、別にショートカットを使わなくても、3Dビューのヘッダーにあるメニューから選んでもいいけど、慣れると効率よく作業が出来るので、自分がよく使う操作のショートカットくらいは、覚えておいて損はないと思ふ。

 

 ま、人それぞれなので、強制はしないけどね、私は…(^_^)

 

 ちょっと脱線したけど、次は、移動の基準にしたい頂点を選択。

f:id:akira2026:20161112114129p:plain

 なお、MacBookとかでトラックパッドを使っている方は、最初に2本指をトラックパッドに添え、優しく同時に押すと、うまく右クリック選択出来るかと…。ただ、最近の感圧式ではなく、昔の物理スイッチ式のトラックパッドだと、軽く気合がいるかも…(^_^;)

 

 …っと、また脱線したけどw、次は、キーボードショートカット・shift+Sを押して、「スナップ」メニューから「カーソル→選択物」を選択。

f:id:akira2026:20161112114204p:plain

 

 すると、選択した頂点に、3Dカーソルが移動する。

f:id:akira2026:20161112114211p:plain

 

 ここまで操作ができたら、キーボードショートカット・tabキーを押して、編集モードからオブジェクトモードに戻しておく。たまに忘れて、あとで困ったり迷ったりするので、要注意…w

 

 お次は、この頂点の位置に、ピボットポイント…オブジェクトの原点を設定するための操作。

 

 私が試した限りで、2つの方法があって、まずひとつめは、3Dビューヘッダーの「オブジェクト」→「トランスフォーム」→「原点を3Dカーソルへ移動」。

f:id:akira2026:20161112114218p:plain

 

 もうひとつの方法は、ツールシェルフのツールタブ、「▼編集」の下にある「原点を設定」のプルダウンメニューから「原点を3Dカーソルへ移動」を選択。

f:id:akira2026:20161112114224p:plain

 ちなみに、キーボードショートカットを書かないのは、同時押しのキーが多く、指がつりそうで、メニューから選んだ方が早そうだから…w

 

 すると、さっきまでオブジェクトの中心にあった、オレンジ色の丸…ピボットポイントが、オブジェクトの角っこに当たる頂点に移動しているかと。

f:id:akira2026:20161112114230p:plain

 

 これで、やっとオブジェクトを、指定した座標に移動する準備が出来た感じ…w

 

 試しに、トランスフォームのプロパティを使って、オブジェクトの位置を、数値で適当に変更。

f:id:akira2026:20161112114236p:plain

 画面キャプチャ内にもコメントを書いてるけど、ご存じない方に補足説明をすると、このX・Y・Zのテキストボックスは、カーソルで上から下にマウス左ボタンでドラッグすると、複数選択でき、1ヶ所に入力するだけで、全て同じ値が設定出来る。ご参考までに…(^.^) ※なぜかたまに効かない時もあるけど、ここでは割愛…w

 

 まぁとりあえず、私の例では、座標原点…XYZの全てに0を入力したけど、すると、立方体の中心ではなく、ピボットポイントに設定した角っこを基準に、オブジェクトが移動される。

f:id:akira2026:20161112114241p:plain

 

 また、別の方法で、今まで邪魔者と思われた3Dカーソル…w この3Dカーソルの位置にも、オブジェクトの移動が出来る。今回は、この3Dカーソルの位置も、数値入力。

f:id:akira2026:20161112114247p:plain

 

 そして、ショートカット・shift+Sキーを押して、スナップメニューから「選択物」→「3Dカーソル」を選んであげると…

f:id:akira2026:20161112114253p:plain

 

 3Dカーソルの位置に、立方体の角っこが来るようになる。

f:id:akira2026:20161112114258p:plain

 

 …これで、例えば、キーボードの枠、右上を原点にして、上から5mm、右に5mmの位置に、キーの右上角を配置する、なんて事が出来るようになった〜\(^o^)/

 

 あ、今回は、ピボットポイントをオブジェクトの中に設定したけど、オブジェクトの外にも配置できるので、お試しあれ…w

 

 最後に、ピボットポイントを、オブジェクトの中心に戻す方法を。

 

 今回は、何の編集も加えていない立方体なので、ツールシェルフの「原点を設定」プルダウンメニューから「原点をジオメトリへ移動」を選択。

 ちなみに「原点を重心に移動」でも可。

f:id:akira2026:20161112114303p:plain

 

 すると、ピボットポイントがオブジェクトの中心に戻る。

f:id:akira2026:20161112114309p:plain

 

 ふ〜、画面キャプチャを取って、編集してる時間より、記事書いてる時間の方が長くなってしまった…w

 

 さいでは〜 (^o^)/