gdgd研究ノート

主にMacのソフト・ハードや、初心者レベルでCG全般について、あれこれw

MacBookPro 15インチ (Late 2016) を買ってしまった、の巻 (^_^;)

 久々の更新…(^_^;)

 

 Wacom MobileStudio Pro を色々使ってたけど、やっぱりWindowsマシンで13インチでは、画面が小さく、特に3DCGソフトを使うには、画面が窮屈だったので、当初スルーしていた、MacBook Pro 15インチ 2016年モデル(Late 2016)…タッチバー付きのやつを買ってしまった…(^_^;)

 

 まぁ、MacBookProと、MobileStudioProでは、守備範囲というか、使用用途が全く違うけどね…(をいw)

 

 ちなみに、私が買ったのは、15インチのSSD 256MBモデルで、2017年1月中旬時点で23万8,800円。

 ちなみに、apple.comでの同モデルが、2,399ドルとのことで、Googleで通貨を検索したら、2017年2月2日時点で、27.06万円(1ドル=112.80円)になったので、今の為替レートからすると、3万円ほど、お安く買えた事になる(^_^)

 

 なお、Appleは、App Storeとかで、ちょくちょく為替レートに応じた価格変更を行うので、もし、MacBookProのような高額商品を買うのであれば、円高時の価格設定になっている今のうちかな?と思う。もちろん、最後は各自のご判断で…(^_^;)

 

 ちなみに私がMacbookProの15インチを買った理由は、ずばり3DCG…特にmodoBlenderで広い画面を使いたかったから。

 

 あと、私は基本、MacはUSキーボード配列が好みなので、ほぼ毎回、Appleストアでカスタマイズして注文するけど、今回は、3DCGソフトでの使用用途がメインだったので、2万円プラスで、GPUをRadeonPro460にアップグレードしておいた。

 

 もっとも、ポリゴンモデラー初心者の私に使い倒せるのか、一抹の不安はあるけど、今のMacは後からハードを変更出来ないし、今の機会を逃すと、もうMacBookPro15インチは買えないかも知れないから…(^.^;

 

 ちなみに、過去2回、整備済製品でMacBookPro15インチCore i7モデルを買った事があるけど、待機時間にも関わらず、空冷ファンがうるさかったり、ほかもろもろで、初回はすぐ手放して、去年買った2台目(多分、Early 2015)については、息子に取られた…w

 

 で、今回のLate 2016だけど、1月下旬に届いて、空き時間にちょくちょく使ってみた感想は、

  • 空冷ファンの音がとても静かになった(高負荷時は、いつも通り。)
  • 本体重量が、気持ち軽くなった。
  • TouchIDでロック解除が出来て、外出時にも安心(外では使わないけどw)
  • MacBook 12インチと同じ、バタフライ構造のキーボードだけど、パチパチとした打鍵音で、少々うるさくなったかも。(個人的な意見)
  • Touch Barは、あんまり使ってないw 但し、ファンクションキーを多用する3DCGソフトでは、fnキーを押して呼び出す必要があるなど、少し面倒かも。
  • 画面の画質・発色については、私はMacBook 12インチでも満足しているので、後発であるMacBookProも問題無し。

 …と、一部、MacBook 12インチとの比較になっちゃってるけどw、概ね不満無し。

 

 ちなみに、この記事は、MacBook 12インチの方で書いてる。こっちの方が、さっと取り出して、Webやメールを見たり、記事を書くのが楽なので…w

 

 ただ、GPUが統合型(Inte HD Graphics 515)で、CPUをCore m7にカスタマイズしているとはいえ、3DCGソフトはさすがに辛いので…。ま、Blenderで簡単なモデリングくらいなら出来るけど…。

 

 …と、例によって脱線したけどw、個人的に、マシンパワーもそれなりに欲しいけど、静寂さも欲しいと思ってる人なので、やっと不満のないMacBookPro15インチに出会えた感じ(^_^)

 

 あとは、サードパーティのアプリ(ソフト)で、どれくらいTouch Barに対応したものが出るか…かなぁ。

 まぁ、キーボードショートカットを多用しないと扱えない3DCGソフトには、関係ない話かも知れないけど…(^_^;)

 

 では〜。