gdgd研究ノート

主にMacのソフト・ハードや、初心者レベルでCG全般について、あれこれw

AffinityDesignerとAnimate CCで2Dアニメーションテスト中…(^_^;)

 先に言っておくけど、途中から、雑になるので…w

 

 Cintiq Pro 16を買って以降、最近は、modoblenderなど、3DCGを放置して、Affinity Designerと、Adobe Animate CC 2017(旧Flash Proってやつ?)で、2Dアニメのテストばかりしてるw

 

 とりあえず、現在の成果は…

 

f:id:akira2026:20170514235801g:plain

 

 …こんな感じ。

 

 まぁ、目のまばたきを試してみただけなので、まつ毛がないとか、絵が雑とか、ツッコミは無しで…w

 

 

 実は、ここに至るまでに、四苦八苦してた。原因は、Affinity Designerにしても、Animate CCにしても、Web上で参考になる日本語サイトが、ほとんどない。日本語書籍もないから…。ゼロではないけど、日本人の初心者では、かなり厳しい状況かなと。

 

 まぁ、昨今、サッカー選手でも、サッカーが上手いだけではやっていけず、各種外国語が話せないと、なかなか厳しいらしいので、せめて英語のドキュメントを読めるくらいにならないと、これからの仕事は…って、また寄り道…w

 

 本題に戻って、手順だけど、時間がないので、ざっくりだけ。(うまく手順化出来なかったともいふ…w)

 

 まず、Affinty Designerで、アニメの元絵となるイラストを3種作成。

f:id:akira2026:20170515002537p:plain

 3つに分けたのは、アニメーションのセルに流用したかったから。

 

 で、ざっくり出来たら書き出し。

 

 なお、Animate CC 2017では、拡張子ai形式が主流みたいだけど、Affinity Designerでは、ai形式で書き出しが出来ないので、SVG(Scalable Vector Graphics)形式で書き出し。

f:id:akira2026:20170515000843p:plain

 

 次に、Animate CC側で、さっき書き出したファイルを読み込み。

f:id:akira2026:20170515001302p:plain

 

 で、ダイアログが出るので、適当に読み込み。(雑ですまぬ…。)

f:id:akira2026:20170515001422p:plain

 

 ここで、3つに分けたパーツの位置調整やら、キーフレームの設定などをしてるけど、今回は手順化がうまく行かず、ちょっと省略…。下のスクリーンショット、特にタイムラインのところで何をしてるか、察していただければ…。

f:id:akira2026:20170515001538p:plain

 

 ヒントだけ書くと、Animate CCでは、モーショントゥイーンとかでアニメーションを作成するけど、今回はモーショントゥイーンを一切使用せず、先の3つに分けたパーツを、同一レイヤーのフレーム要所要所に、右クリックメニューでコピペして、最終的にアニメーションGIFで書き出すという、ゴリ押しをしてるw

 

 でも、SVGなどのベクダーデータだけではなく、PSDとかのラスターデータでも、目のまばたきを表現出来る手かと思うので、ご参考までに…。

 

 

 …う〜、時間が欲しい…w 学生諸君も、毎日遊んでる暇があれば、やりたいこと、どんどん勉強したほうがいいよ、社会人になったら、仕事に、毎日の家事・育児・介護とかで、勉強する時間も遊ぶ時間も、どんどんなくなるから…(^_^;)

 

 …と、人生の教訓をひとつ残して、今回はここまで…w