gdgd研究ノート

主にMacのソフト・ハードや、初心者レベルでCG全般について、あれこれw

iMacの移行作業で未だ格闘中…w

 先日買った、iMac (Retina 5K, 27-inch 2017)について、その後も色々格闘が続いている…w

 

akira2026.hatenablog.jp

 

 データ移行に関しては、結構苦労したものの、なんとか移行完了。不具合の原因は不明のままだけど、2000年頃から溜め込んでいたデータがわんさかあったので、古いソフトのバックアップや、もう2度と開かないだろうというデータなど、思い切って削除した。

 

 ちなみに、子供のアカウントとデータは、移行アシスタントを使って、Time Machineのバックアップから、難なく移行出来た…w

 

 で、データ移行がやっと終わった〜と思ったら、今度は、Cintiq Proの画面が、赤かぶり状態…(^_^;)

 

 新しいiMacは、Thunderbolt3(USB-C)なので、Wacom Linkを通さず、Cintiq Proと直結出来たのはいいけど、iMacの画面と比較して、やたら赤みが強い。それはまるで、某シャ○プの液晶テレビの様…w

 

 そっち(シ○ープ)の下りは、細かく書かないけどw、仕事から帰宅後の、ほんのちょっとした空き時間で、色々調整して、落ち着いたのが…

f:id:akira2026:20170622002548p:plain

 カラー設定のカスタム設定。赤をちょっと下げたら、今度は青みが強くなったので、青も若干弱めた感じ。ちなみに緑はデフォルトのまま。

 

 ちゃんとした環境なら、キャリブレーションとか色々するんだろうけど、個人宅の、窓際族の私に、そんな面倒且つお金のかかることはしたくないというか、しても意味がない…w

 

 なお、こんな事態になってるのは、多分、Wacom液晶ペンタブが、明るさ100%時を基準に色調整を行ってるからと思われる…と思ったら、BootCampで導入したWindows10では、あまり赤かぶりが気にならなかったという…w

 

 もしかして、新iMacか、macOS Sierra(10.12.5)と、Cintiq Proの相性が悪い?

 

 

 …と、画面の色調整にばっかり気を取られても仕方ないので、調整はそこそこにして、ソフトの動作確認を行ったんだけど、更に試練が…w

 

 実は、新iMacの移行作業を苦労している合間に、ZBrush 4R8がリリースされたとの話を聞き、ハードも買い換え、液晶ペンタブもあることだし…という軽い気持ちで買ったのが、運の尽きというか…w

 

 何かというと、ZBrush 4R8をインストールしたら、購入画面の説明では、影響ないとされていたZBrush Coreのアクティベーションが変になって認識されなかったり、再アクティベートしたら同じ端末で2台認識されたり、ZBrushが必ずiMacの画面側で起動したり、挙げ句の果てには、液晶ペンタブに反応しない…www

 

 カーソル自体は動くのだけど、クリックというか、ペンのクリックや描画操作に無反応。

 

 まさか…と思って、手持ちのペンタブ対応ソフトをいくつか試してみたけど、いずれも問題なく描画出来たので、ZBrush 4R8の不具合と思われる…。

 

 さらに、ZBrush Coreの方も、同じ症状・ペン操作不能状態に…。あれ?前のiMacではウィンドウの移動という手間こそあれ、問題なく動いていた様な…。

 

 ちなみに、面倒ながら、アクティベーション解除後に再インストール、そして再アクティベーションと試してみたけど、効果無し。

 もしかしたら、ZBrushだけの問題だけでなく、macOS Sierraとの合わせ技で不具合かも知れないけど、今のところ、原因はさっぱり不明。

 

 とりあえず、現時点の回避策としては、ミラーリングモードで、iMac側とCintiq Pro側で同じ画面を表示させるか、Cintiq Proをタブレットモード…要は板タブ状態に退化させるか、といった感じ。

 

 

 

 …まぁ、そんなこんなで、今回のiMac買い換え移行作業(ある意味リプレース)は、個人的に、近年稀に見る難易度となっている…www