gdgd研究ノート

主にMacのソフト・ハードや、初心者レベルでCG全般について、あれこれw

Apple Magic Keyboard買ったけど…

 iMacの購入時に、CTOでカスタマイズしないで、単品でMagic Keyboard テンキー付きを買ったけど…間違えて、英語(US)ではなく、英語(英国)を買っちゃった事に、さっき気付いた…w

f:id:akira2026:20170708011300j:plain

 

 最初は、リターンキーの形がJISと同じ…程度にと思ったのだけど、左シフトキーの誤爆が頻発したので、よくよく見たら、チルダの位置とバックスラッシュの位置が、思いっきり違うとか…w(上の画像。上は有線版で、下が無線版。)

 

 そんな訳で、まさかの仕様変更?と思って、比較写真を編集して、ブログ投稿前に改めてApple Storeの情報を見たら、英国(UK)版の存在に気付き、購入履歴を見たら、やらかした事に気付いた次第…w

 

 いや〜、例えれば、英語と米語の違いに気付いてなかった、みたいな?w

 

 蛇足だけど、町の英会話教室は、だいたいオーストラリア英語らしいよ…w

 

 …とまぁ、そんな話はど〜でも良くw、さすがに気付くのが遅かったのと、打鍵自体には問題ないので、仕方なく返品せずに、このまま使うつもり。

 

 なんか、キーボードにユーロ記号など見慣れないものがあって、ちょっと変だなぁ〜とは、薄々気付いてたのよ…w

 

 ちなみに、ご存知ない方に説明すると、Macではcommandキー、もしくはcontrolキーを押しながらスペースバーを押すと、英語や日本語などの入力ソースが切り替えられる。(OSのバージョンによって、commandかcontrolのどちらか、デフォルトが違う)

 ま、日本語Windowsキーボードで言うところの、半角・全角キーの代わりかな。

 

 Windowsでも、スタートキーを押しながらスペースバーを押せば、言語切り替え出来ればいいんだけど、普通の手順では無理みたい。

 

 

 ま、そんなこんなで、MacではUSキーボード一択という皆さん、購入時には「言語」をよく確認しましょう…とオチを付けて、今日はもう寝るよ…w