gdgd研究ノート

主にMacのソフト・ハードや、初心者レベルでCG全般について、あれこれw

【C4D】CINEBENCHとC4Dのお値段について

 この土日に、作品やテスト結果の記事を、更新できる自信がないのでw、とりあえず温めておいた資料を公開(^_^;)

 

 まずは、CINEMA 4Dの開発元・MAXONの公式サイトから入手できる、CINEBENCHをダウンロードして、手持ちのMacベンチマークを取ってみた結果。

f:id:akira2026:20171111133519p:plain

 まぁ、無謀にもw、MacBook 12インチ 2016年モデルで試した結果もあるけど、いつのどのモデルか分からないけど、Surface Proより若干マシなレベル…w(画像一番左の列の、CPU・OpenGL共に8番)

 

 あとは、MacBookPro 15インチの2016年モデルと、iMac 27インチの2017年モデルのベンチマーク結果は…製品として新しい分、そこそこには早いんだろうなとは思うけど、実際のところは、よく分からない…(^_^;)

 

 まぁ個人的には、その時々のお財布事情で買えるものを買うだけなので…w さらに言うと、ハードの選択肢が、カスタマイズ出来る範囲に限定されるMacだと、なおさら…w

 

 ただ、基本的にだけど、3DCGでは、ソフトが対応していない限り、レンダリングはCPUがメイン、GPUはビュー画面など、画面の更新がメインなので、その辺が、リアルタイム性を要求されるゲームとは、ハード選択の観点が違うかなと思ふ。

 

 

 続けて、CINEMA 4Dのお値段も、某オンラインショップのダウンロード価格で、ちょっと調べていたので、そちらも公開。

f:id:akira2026:20171111140528p:plain

 MODOに比べると、値段設定が複雑で分かりにくい…(^_^;)  まぁ、MODOも、サブスクリプションに移行してから、めんどくさくなったけど…w

 

 あと、CINEMA 4D Visualize が、この表にはないけど、私は建築・プロダクトデザイン分野は分からないと言う、個人的理由で省略してる…w

 

 その他、参考までに、お仕事や大学・専門学校などでシェアが一番と思われる、mayaのお値段も掲載してみた。さらに、mayaとの比較用に、C4D期間限定ライセンスの料金も付けた次第。

 

(あとで考えたら、MODOも入れときゃ良かったと思ったけど、この表を更新する為に、もう時間を割きたくないので、ここで断念w)

 

 一見すると、CINEMA 4Dは、mayaより高いように見えるけど、本体価格だけの初期投資では、確かに高いw でも、MSA(マクソンサービス契約)に加入していれば、2年目以降は、最上位グレードのStudioでも、月換算6,480円ぐらいになるので、長く使うのであれば、C4Dの方が安いかな。

 

 もっとも、高い安いのレベルが、MS Office 365どころか、Adobe Creative Cloud すらも飛び越えたレベルだけど…w

 

 あ、C4Dは、流体シミュレーションが基本苦手というか、出来ないので、そこは別ソフトなどを使うか、既存機能の応用で、自力で表現方法を見出さないとダメだけど。

 

 そ〜ゆ〜点では、機能なども含めて、お値段を考えないといけないね。

 

 それにしても、CINEMA 4Dの3ヶ月・6ヶ月期間限定ライセンスは、mayaほどではないにしても、やっぱり、ちょっと割高だなぁ〜と思った次第。まぁこちらは、プロ用途での、1年以内の短期決戦用だね。

 

 

 で、今回、価格表を作った経緯だけど、いずれキャラクターアニメーションなどにも挑戦するつもりでいるから、Broadcastで経験を積んで、いずれチャンスが来たら、Studioにアップグレードしようと思ってる。その前調査みたいな感じ。

 

 結論としては、MSA契約が前提だけど、色々我慢したら、Studioも決して手の届かないレベルじゃないって思えた…(^_^)

 

 なんせ、考えようによっては、月々のスマホ料金より安いから…www

 

 

 はい、今回はここまで〜(^.^)//