gdgd研究ノート

主にMacのソフト・ハードや、初心者レベルでCG全般について、あれこれw

Google Home Mini を衝動買いw

 Google Home Mini。元々は、あまり興味なかったけど、あちこちのレビューなどを見てたら、なんか面白そう…と思うようになり、衝動買いしてしまった(^.^)

store.google.com

 

 なぜGoogle Homeではなくって、Miniの方にしたかと言うと、スピーカーの音質と言うか、低音が強調されすぎて、ボーカル部分がこもってるというレビューが多かったのと、お安い方で試してみようと思ったから。

 

 セットアップについては、本体にACアダプターをつないで、コンセントに挿すだけ。あとはiPhoneなどにGoogle Homeアプリをダウンロードして、GMailアカウントの設定をして、Google Homeの設定をする感じ。

 

 ちなみに、Google Home Mini 自体には、電源供給用のマイクロUSB端子(ひし形の小っこい端子)が1個あるだけ。スマートスピーカーなので、BluetoothiPhoneなどとペアリングして、音楽をGoogle Home Mini側で聞くことも出来るけど、Google Homeと違い、低音域は強くないので、音楽用と言うよりは、音声用かな。

 

 Bluetoothによる外部機器への出力については、まだ試してないので、別途追記するかも、しないかも…w

 

 で、使ってみた感想だけど、こちらから「OK Google」や「ねぇGoogle」と呼びかけてから、質問や操作内容を伝えると、それに対して答えを返してくれる感じだけど、誤認識が少なくってびっくり。さらにGoogle Homeは女性の声でしゃべるけど、アクセントなども余り違和感がなくって、さらにびっくり(^_^;)

 

 さすがに、家族がしゃべってる時や、テレビで音声が流れてる時は、こちらの問いかけに対する認識率が下がるけど、うちには、起きてる間、ず〜〜〜と喋ってる人はいないので、大きな問題なしw

 逆に、大きな声で、延々と喋り続けてる、おばちゃん集団の多い場所だと、厳しいかも…w

 

 個人的に、一番役に立ってるのは、特に何の設定をしなくても、普通に radiko.jp(ラジコ)が使えたので、家事をしながら、音声操作だけでラジオを再生をしたり、音量調整などができること(^o^)

 

 例えば「ねぇGoogleNHKラジオが聞きたい」って話しかけると、「ラジコからNHKラジオ第1をストリーミングします」と言って、実際にラジオが聴ける次第。

f:id:akira2026:20171126125816p:plain

 

 併せて、音量を調整する時は、「ボリュームを50%に設定」または「音量を〜」と話すと、それがストリーミング再生中でも、ちゃんと反応してくれて、ボリュームの上げ下げをしてくれる。

 

 まぁ今のところは、どの操作をするにしても、誤動作防止用で「ねぇGoogle」などの、ウェイクワードと呼ばれる前置きが必要なので、その点だけは面倒なんだけど…(^_^;)

 

 あ、もちろん、radikoなので、他の民放各局でも、ストリーミング再生しているところなら大丈夫♪(確認済み)

 

 その他、音楽配信サービスについては、Google Homeで契約出来るとこなら、って感じだけど、私は多分使わないと思うので、ここではスルー。

 

 

 …と書いたところで、先に上げた画像について触れるけど、Google Home への質問と回答は、すべてスマホ側のアプリにある「マイアクティビティ」から履歴が見れる。

 

 あと、セキュリティ的な話をすると、Google Home の電源が入っている間は、常時インターネットに繋がっている状態だし、更に言うと、「ねぇGoogle」って言葉をずっと待ってる状態、つまり他の音声なども拾ってる状態なので、運営側が悪意を持った使い方をした場合、または、最悪クラッキングされりして、乗っ取られた場合などのリスクは、一応認識しておいた方がいいかと。

 

 まぁ、どんなことであれ、リスクは限りなく減らせれば良いけど、ゼロには決してならないし、時にはリスクも取らないと、新しい発見や利益もないんだけどねw

 

  そんな訳で?、故意・他意に関わらず、道具は使う人次第なので、正しい知識を持って便利に使いましょう、って感じ?w

  

 …おっと、ここで締めちゃだめw。

 

 AIを使った音声でのやりとりについては、この数年でかなり目覚ましいものがあるけど、まだ出来ないことが多いのも事実。

 

 Google Homeだと、「1ユーロはいくら?」という問いかけには「約133.077円です」などと回答してくれるけど、「自宅周辺の渋滞情報は?」と聞いても、「***は渋滞しています」と、かなり大雑把な回答しか今のところ返ってこないし、鉄道運行状況を聞いても「すみません。お役に立てそうにありません」って回答になる。

 

 ちなみに、テレビなどで聞いた言葉の意味を調べたりなど、辞書代りにはなるw

 

 まぁいずれも、サーバ側と言うか、クラウド側で、今後改良すれば対応できる事かと思うので、あれこれ質問してあげれば、運営側で情報を分析して、使用頻度の高い質問などに対して、優先度を付けるなどして、順次対応してくれるんじゃないかな?と、個人的に思ってる。

 

 少なくとも、ハードというか、Google Home Mini本体については、概ね問題なし(^_^)

 

 実は、Google Home Mini を買う前に、AmazonのEchoや、LINEのClova WAVE の事も調べてみたけど、Echo は2017年11月26日時点で、招待制で申請から数週間経たないと購入すら出来ないし、Clova WAVE については、AIがかなり日本人向けで、フレンドリーなやりとりが出来るみたいだけど、マイク感度が最悪で、完成度が低いとの事で、今回はスルーした。

 

 どこかのネット記事で触れていたけど、そもそも、質問内容を正しく判別出来ない時点で、スマートスピーカー/AIスピーカーとしては失敗作だと言う意見に、激しく同意。 と同時に、「クローバちゃん、かわいそう。」と思わずにいられない…w

 

 …それはともかくw、Googleアシスタントの受け答えは、確かに事務的な感じではあるけど、音声合成のアクセントに違和感がなく、日本人にとって、かなり自然なやりとりが出来ていると思う。Amazonのアレクサについては、日本語英文混じりで大変な事になってるみたいだけどw

 

 あとは、radiko に限らず、出来ること・便利になることを、どんどん増やしてくれれば、意外と早く、恥ずかしがり屋さんの日本人にも受け入れられると思うなぁ、スマートスピーカーなり、AIアシスタントの時代が。

 

 あ、ちなみに、現時点で、我が家では、Google Home Mini は、私しか使ってない。若い子供たちの方が、機械に話しかけるのに抵抗があるみたいで、もぅ、恥ずかしがり屋さん♪なんだからwww

 

 ではw