gdgd研究ノート

主にMacのソフト・ハードや、初心者レベルでCG全般について、あれこれw

【LW】LightWave2018にアップグレードしちゃった…w

 えっと、私は現在、統合型3DCGソフトに、CINEMA 4Dをメインに使っている。

 

 で、LightWave2015のライセンスも一応持っていて、2018のリリース記念キャンペーンとのことで、2018年4月中旬までの期間限定で、どのバージョンからでも、税別3万5千円程度で購入できるキャンペーンを実施していたので、安いうちにと思って、アップグレードした次第…w

 

 まぁ、今更LightWaveも使わないかなぁ〜というか、LightWave2015を、当時の勢いで買ったもののw、私には合わないなぁ〜と感じて、放置していたにも関わらず、LightWave2018にアップグレードした理由は、ずばり、Cinema4Dが高すぎて複数ライセンスを持てないから…w

 

 詳細は、割愛するけどw

(当記事を書いた当初、グダグダ書いてたけど、一括削除w)

 

 とりあえず、去年末に買ったASUS ZenBook 13インチ ( UX331UN ) に、LightWave2018をインストールしてみた次第。

 

 で、LightWaveは、基本、ビュー画面が前面に押し出されていて、CINEMA4Dとは違い、属性やらオプションとかは、極力別ウィンドウ(ダイアログ)に表示する仕様なので、比較的ビュー画面が広く取られているものの、今どき1920×1090のフルHDじゃ、ちょっと画面が狭かった感じw まぁ、家のどこでも作業出来る用の環境だから、我慢するんだけどw

 

 ご参考までに、ZenBook 13 ( UX331UN ) と、iMac 27インチ ( Retina 5K, 27-inch ) との比較画像を載せてみるテスト。これくらい作業領域が違うよ〜程度の参考にw

f:id:akira2026:20180212004200p:plain

 

 ちなみに、ビュー画面に表示されているオブジェクトは、操作の練習がてらに作ったものなので、スルーして可w

 

 そもそも、dpiというか、ドット密度が違うので、本当に参考程度の合成画像だけど…赤色(どっちかというと、マゼンタ?w)の枠が、ZenBookの1920×1080ピクセル。外の画像がiMac 27インチの擬似解像度2560×1440。ツールバーのサイズを基準に、画像編集ソフトで、サイズ感を合わせてみた次第。

 

 とりあえず、私も勉強中の身ではあるんだけどw、もし、これからLightWave2018を新規購入しようとしている方は、書籍や情報が少なくて困ってると思うけど、とりあえず、体験版とかに付いて来る(多分w)LightWave3D 入門ガイド(230ページ)のPDFファイルや、製品版を購入すると、インストール時にコピーされるリファレンスマニュアル(2,061ページ!)のPDFファイル、どちらも結構な情報量があるので、参考になるかな?と思ふ。

 

 ただ、これらのPDFファイル、最初に作られた時期を私は知らないけど、説明内の画像をみる限り、かなり古いバージョンが元になっている様で、完全にLightWave2018対応という訳ではないので、ちょっと注意が必要。

 

 例えば、890ページ(PDFファイルで939ページ)から始まるハイパーボクセル  (HyperVoxels) は、LightWave2018の新機能・ヴォリューメトリックエンジン  (Volumetrics Engine) に置き換わってるので…(^_^;)

(実際に試して気付いたw)

 

 さらにその後、入門ガイドのドア(Room.lwo)も、サンプルコンテンツに収録されていない事にも、気付いてしまった…(^_^;)

 

 …気を取り直してw、もし、紙の書籍で、バージョン11時点で良ければ、LightWave★Beginnersが、改訂3版まで出ていて、基本操作に大きな差はないので(小さな差はあるw)、LightWave2018でも、そこそこ参考になるかなと。 

LightWave★Beginners[改訂第3版]

LightWave★Beginners[改訂第3版]

  • 作者: ウサギ王
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2012/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 あ、でも、ハードディスクのパーティーションを分けるとかの下りは、スルーしていいからw

 

 なぜなら、パーティションを分けたところで、物理的なハードディスクは1つだから、クラッシュしたら意味ないしw、今どき、そんなことに手間暇をかけるくらいなら、外付けハードディスクや、ネットワークHDDなどにデータを退避する方が、(セキュリティの問題は別にして)安くてお手軽。

 

 最近は、ノートパソコンですら、SSDとHDDの2台内蔵な時代だもんねぇ〜。OSの起動速度を上げる目的なんだろうけど。

 

 ちなみに私、Macのほうは、AirMac Time Capsuleと、アイ・オー・データNAS (LAN DISK) 、それぞれ別手段を使い、設置場所も離してバックアップを取ってるよ。大したデータもないのに、個人レベルでは過剰なくらいの厳重対応かなと…w

 

 では、今回はこの辺で〜。

 

 

(一旦記事を書き上げたあと、大幅修正したのは、ナイショw)