gdgd研究ノート

主にMacのソフト・ハードや、初心者レベルでCG全般について、あれこれw

【C4D】髪の毛のモデリングテスト継続中

 今年の大型連休前半は、ひたすら CINEMA 4D R19 のお勉強…w

 

 以前より、効率よく髪の表現が出来ないかなぁ〜って、色々テストしているけど、いまのところ、これ!といった良い方法に辿り着いてない…w

 

 とりあえず、本日の成果はと言うと…。

f:id:akira2026:20180430155722p:plain

 こんな感じ。

 

 

 制作過程のお話に入るけど、スイープオブジェクトで髪の房になる断面を作り、パススプラインで流れを作り、属性マネージャのオブジェクトタブ内にある「詳細」の「スケール」にあるグラフを編集して、髪の毛の根元は細く、途中は太く、毛先にかけてまた細く…と、大きさを調整してみた次第。

f:id:akira2026:20180430160503p:plain

 ある意味、色々調べた中で、今回一番の成果というか、知ることが出来て良かった部分(^。^)

 ちなみに、ポイントを増やす時は、Macではcontrol+クリックね。

 

 なお、スイープオブジェクトは、色々お作法があったり、軸の方向が違ったりすると、想定外の形状になるのでw、私もまだ仕様がよく分かってないけど、色々練習して覚えるしかなさそう。

 

 リンクは貼らないけど、詳しくは、オンラインヘルプを見てくださいまし。

 

 で、話を戻して、髪をひと房作成したら、クローナーを使って手抜きで複製…w

f:id:akira2026:20180430161721p:plain

 

 なお、クローナーの「放射」を使う場合は、クローン対象オブジェクトのオブジェクト軸の位置や角度を考慮しないと、これまた、とんでも無いところに飛んでいくので…と、経験者は語る…w

 

f:id:akira2026:20180430162329p:plain

 あと、「軸を有効」にして、オブジェクトの軸を変更にしたら、元の状態に戻すのを忘れないこと。ちなみに私はよく忘れて、アンドゥばかりしてる…w

 

 ところで、今回の制作では、前髪とそれ以外の髪で、それぞれクローナーを分けてるよ。

 

 なお、髪のテストではお約束というか何と言うか、今回も後頭部がスカスカに…(^_^;)

 

 

 とまぁ、今回は、MoGraphのクローナーオブジェクトを使う都合上、Broadcast グレード以上でないと出来ない方法だけど、ただ、その場限りの手抜き技なので、綺麗に仕上げようと思ったら、MoGraphは使わず、個別に髪の房を複製して、手作業で調整したほうが良いかなと。

 

 あと、今回は、スイープオブジェクトとSDSを使ったので、仮にオブジェクト化して、ソフトボディなどを適用しようと思ったら最後、処理が重くて動かなくなるから…w

 

 最後に、今回の手法は、MoGraphの部分を除き、Blenderではよく使われている手法らしく、ブログやYouTubeの動画をいっぱい見かけたよ…(^_^;)

 

 

 では。