gdgd研究ノート

主にMacのソフト・ハードや、初心者レベルでCG全般について、あれこれw

【C4D】ビューポートの操作について

 以前から思ってたことがあって、今回は、CINEMA 4D の基本操作と言うか、ビューポートの操作について、ちょっとおさらい。

 

 まず、画面の動きを分かりやすくするため、起動直後の画面から、立方体オブジェクトを選択。 ちなみに、立方体であれば、アイコンをクリックするだけ。

f:id:akira2026:20180513160305p:plain

 

 ビューポートと言うか、画面の動かし方だけど、最初のうちは、ビューポート右上にあるアイコンを、マウスボタンを押しながら操作する方が分かりやすいかな?

f:id:akira2026:20180513160622p:plain

 アイコンの説明をすると、左から、ビューポートの平行移動と、拡大・縮小に、回転、そして一番右が、ビューポートの切り替え。

 

 ちなみに、キーボードショートカットで言うと、

数字キーの1:平行移動(上下左右の移動)

数字キーの2:画面内のズーム(拡大・縮小)

数字キーの3:画面内の回転

 

 あ、数字キーは押しっぱなしで、ビューポート内をマウスで操作ね。

(2018-07-01 補足:動き出したら数字キーは離して可。)

 

 なお、他の3DCGソフト…例えば、MODOLightWaveだと、Altキーを押しながらCtrlキーやShiftキーを併用して、同様の動きになるけど、CINEMA 4Dについては、基本、数字キー。

 

 ノートパソコンで CINEMA 4D を使おうとしている人にとっては、なんでそんな奥側のキーなの?と思うかもしれないし、実際、私もそう思ったんだけど、実はこれ、テンキー付きのキーボードだと、理にかなってたりする。

 

 更に、テンキーだと、ビューポートの操作ができる状態で、数字の0キーを1回押すと、長方形選択が起動し、数字の9キーを1回押すと、ライブ選択が起動するようになっているので、立方体だけでなく、今後、頂点(ポイント)や辺(エッジ)、そして、面(ポリゴン)の編集とかを行う際に、役に立ってくると思う。

 

 まぁ、長方形選択やライブ選択については、今後、この記事へのアクセスが多いと思ったら、需要があると判断して、改めて記事にしようと思うw

 

 

 あと、ビューポートの切り替えで、画面が4分割したり、上面図になったりすると思うけど、起動直後の画面に戻したい場合は、透視図側の切り替えボタンをクリック。

f:id:akira2026:20180513163145p:plain

 もしくは、キーボードショートカットで、F1キーをクリックすると、透視図に戻るよ。

 

 ご参考までに、ビューポートの切り替えに使う、キーボードショートカットは、次の通り。

F1キー:透視図

F2キー:上面図

F3キー:右面図

F4キー:前面図

F5キー:四面図

 

 それでもダメなら、慣れないうちは、大人しく、CINEMA 4D の再起動を…w

 

 なお、状況が複雑化する可能性もあるなどの理由で、今回、深くは語らないけど、次の設定もあるので、ご参考までに。

f:id:akira2026:20180513162629p:plain

 

 最後に、キーボードショートカットについて。

 

 もし、キーボードショートカットを変えたいと言う猛者の方はw、プルダウンメニューの「ウィンドウ」>「カスタマイズ」>「コマンドをカスタマイズ」を選択。

f:id:akira2026:20180513164707p:plain

 

 すると、「コマンドをカスタマイズ...」というウィンドウが開く次第。

f:id:akira2026:20180513164826p:plain

 あと、おまけで、CINEMA 4D のオンラインドキュメントに、キーボードショートカットの一覧があるので、ご参考までに。

https://help.maxon.net/jp/#45220

 

 

 ただ、個人的には、キーボードショートカットは、よほどの事がない限り、変更しない方が良いと思う。特に初心者の方々。

 

 というのも、現場や環境が変わったりして、本来の使い方を知らないと、かえって効率が下がるし、原因究明や学習コストなど、余計な時間と労力を割くことにもなるので。(現場の指示として押し付けられている場合は除くw)

 

 

 

 まぁ、ショートカットの変更等について、色々書きたい事はあれど、長くなるので割愛…w

 

 ひとつだけ書くと、マイク*ソフト〜! Excelのキーボードショートカットを、ころころ変えるな〜!…と、だけ言いたい…w

 

 

 と、オチがついたところで、今回はここまで〜。